チャレキャラ 公式ブログ

チャレキャラ開催の様子などをお伝えしていきます!

スタートアップイベント(7月21日)のご報告

チャレキャラ 2018

7月21日に、今年最初のスタートアップイベントを終えました!

ご参加いただいた学生の皆様、

そしてお忙しい中、

サポートしていただいたメンターの皆様。

本当にありがとうございました!!

f:id:kosuke-komiya:20180725030545j:plain

 

チャレキャラでは、

スタートアップイベントを2回計画しております。

最初の一回目が、7月21日。

そしてもう一回が、8月4日です!

 

この時期は、学校の試験とかぶっていることも多いため、

チャレキャラは参加する学生さんの負担を考慮して、

まったく同じ内容のスタートアップイベントを、

2回開催するようにしております。

 

 

今回のスタートアップイベントに参加できなかった皆さんは、

是非、8月4日のスタートアップイベントにお申し込みください!! 

 

f:id:kosuke-komiya:20180725031054j:plain

 

さて、チャレキャラのスタートアップイベントは、

毎年すこしずつですが、内容が変化しています。

 

今年はスタートアップイベントの裏テーマを設定しました。

 

スタートアップイベントを終えて、

今日の夜から、すぐにでも開発をはじめられるのか?

 

そのために、スタートアップイベントでは、

次のような内容で構成しました。

 

  1. オリエンテーション
  2. 企画ワーク
  3. チームビルディング
  4. アプリ設計
  5. テックアワー

 

順番にご説明します。

 

1 オリエンテーション

例年、チャレキャラは

各協力教育機関様に出向いて、

説明会をさせていただいております。

 

しかしこの説明会に参加せず

申し込みされる学生さんもいらっしゃいます。 

 

予備知識のない、

チャレキャラ初参加の学生さんがいらっしゃることを考慮して、

チャレキャラの趣旨や、スケジュールなどを説明します。

 

 

2 企画ワーク

これはメンターの間でも議論になりました。

チャレキャラで重視しているのは、

学生さんがアプリを一本、ちゃんと完成させるという体験です。

 

そのため、あまり企画を考えることに時間を使いすぎないように、

実際に開発を進めながら、

良いものを目指していってほしいという思いがあります。

 

しかし昨年もよく見られた傾向なのですが、

チャレキャラの中間報告(10月頃)になっても、

まだ企画のことを議論しているチームがありました。

 

 

企画について、

ある程度のやり方を伝えられるのは、

スタートアップイベントでしか出来ないであろうと考え、

2018年のチャレキャラでは、

最初に、企画を決めるワークショップをしっかりやることにしました。

 

f:id:kosuke-komiya:20180725032407j:plain

 

3 チームビルディング

チャレキャラには、

すでにチームを作って参加する学生さん、

1人で参加している学生さんなどいます。

 

昨年、チャレキャラの参加者の中でチームを作りたい

という声が上がっていたので、

今年は、チャレキャラ参加者の中でチーム作りができる場を用意しました。

 

しかしチーム作りを強制するのではありません。

任意で、希望者にはチームが作りやすくなるよう配慮しました。

 

実際に、何組かチーム結成されていたようですよ!

 

4 アプリ設計

午前中にアイデアだしのワークを行いましたが、

イデアを膨らませただけなので、

それだけで実際のアプリ開発に取りかかれるわけではありません。

 

イデアを具体化する作業が必要です。

 

そのため、このアプリ設計では、

ユーザーストーリーの整理の仕方や、

画面設計書の作り方などを、

簡単に作ってみるワークショップを行いました。

 

f:id:kosuke-komiya:20180725033001j:plain

 

5 テックアワー

昨年好評だった、学生とメンターの個別面談を実施しました。

メンターには様々な経験を持つ

エンジニアやデザイナーが参加しています。

彼らと話ができるように、この時間を用意しました。

 

いちおうこの段階では、

チャレキャラで作る企画が決まっているとして、

その企画を作るために、どういった技術が必要か、

なにを勉強するべきなのかをアドバイスします。

 

あとは、

半年間のチャレキャラ生活をサポートするため、

みんなにチャレキャラのコミュニティ Slack に参加してもらいます。

 

 

チャレキャラは、

イベントの開催が月に一度しかありませんので、

どうしても、手厚い技術サポートが難しいという状況があります。

 

また頻繁に開催したとしても、

遠方から参加している学生さんもいるため、

参加する学生さんにとっても負担になってしまいます。

 

 

Slack は、イベントの空白期間の間の

学生とメンターの架け橋として活用しています。

 

困っていて、

自分から声を上げることができる人には、

Slack で可能な限りメンターがサポートするという体制です。

 

 

 

 

と、これだけの内容をたった一日で行います。

 

ものすごいハードスケジュールで、

メンターもヘトヘトになりますが、

学生さんもヘトヘトになったと思います。

 

 

 

限られた時間で、できるだけの内容を詰め込んでいるため、

やっぱり少し詳細が荒くなっていたり、

本当は時間をかけるべきところを、急いで終わらせたりしていて、

ちょっと物足りなく感じた方もいらっしゃるかもしれません。

 

今後の運営に活かしていきたいので、

ぜひご意見いただければと思います m(_ _;)m

 

f:id:kosuke-komiya:20180725035516j:plain

 

しかし、会場の雰囲気はわりと終始賑やかで、

結構活発な議論やコミュニケーションが、

いたるところで起きていたような気がします。

 

メンターの方からも、

楽しかったというお声がけをいただけて、

一定の役割は果たせたのかなと思っています。

 

 

 

スタートアップイベントを支えてくださった、

メンターの皆様には、本当にありがとうございました。

 

 

さて、次回のスタートアップイベントが、

8月4日と迫ってきております。

こちら順次、運営から案内が届くと思いますので、

参加予定の学生さんは、ぜひお申込お願い致します。

 

 

このスタートアップイベントが終われば、

チャレキャラ参加のすべての学生の足並みが揃い、

いよいよ12月のコンテストに向けて、

長いようで短い開発マラソンがスタートします!

 

 

笑顔で、12月を迎えたいですね!

 

 

最後に、

今回のスタートアップイベントを支えてくださった、

メンターの皆さま、

学生たちへの手厚いサポート、

本当にありがとうございました。

 

f:id:kosuke-komiya:20180725040448j:plain