チャレキャラ 公式ブログ

チャレキャラ開催の様子などをお伝えしていきます!

チャレキャラ参加学生が福岡ビジネス・デジタル・コンテンツ賞2019にて受賞!

みなさま!チャレキャラ実行委員長の谷口です。

 

先日行われました、福岡県が主催する福岡ビジネス・デジタル・コンテンツ賞2019 公開審査会 にてチャレキャラ参加学生が受賞いたしました!おめでとうございます!

 

福岡ビジネス・デジタル・コンテンツ賞は

コンテンツ分野における製品開発、人材育成、世界市場を目指したコンテンツ製品の展開支援を目的としたコンテストです。
平成30年度に県内で活動する企業、個人およびコミュニティ活動の中で生まれたデジタルコンテンツの中でビジネスとしても有望なものを表彰するとともに、そのビジネス化を支援します。

といった賞で、例年チャレキャラのコンテストの中から1チームに書類選考を免除してこの公開審査会への出場権を授与していただいています。

また、今回はなんと通常の書類選考を経てさらに1チームが公開審査会の出場権を獲得しており、合わせて2チームがプレゼンテーションを行いました。

 

2チームのプレゼンの様子を当日の僕の Twitter から御覧ください。

 

1チーム目は瓦田くんのチームです。彼はチャレキャラで出場権を獲得しての出場です。今回はチャレキャラで開発したアプリとは別の作品でプレゼンテーションを行いました。

 コミュニティ運営に特化したSNSを開発したということでした。このサービスで起業( 株式会社HUEMAN )しており、本気度が伺えます!

 

2チーム目は2018年度のチャレキャラで最優秀賞を獲得した、チーム「とんとこ公次郎」です。彼らは書類選考を突破しての出場です。

 

 チャレキャラコンテストでのプレゼント同じく、動画やBGMを活用したプレゼンテーションが光りました。会場が映画館ということもあり、音響はなかなかの迫力。アプリの独特さも相まってインパクトがありました。あっぱれ!

 

結果発表

 

なんと2チームで合わせて4つの賞をいただきました!(いただきましたって、僕がもらったわけじゃないのに笑。でもそれくらい嬉しかったです)

 

今回はチャレキャラとは違って、かなりガチにビジネス展開されているサービスなどのプレゼンもあった中、とんとこ公次郎が初めて作ったアプリで優秀賞を受賞したのは快挙ではないでしょうか!?

瓦田くんも、カッチャマン賞の特典として、カッチャマンに相談できるということなので、これを生かしてどんどんブラッシュアップし、面白いサービスに育ててもらいたい!

 

2チームとも本当におめでとうございました!!

 

その他にも多くのチームがプレゼンを行いました。個人的に印象に残ったのは「こども服の物々交換 Lynks」をプレゼンされた株式会社 BLUE STYPE さん。僕が1歳のこどもを抱えているというのもありますが、シェアリング系のサービスでありながらレビューシステムを設けなくても一定のモラルが保たれているという話が印象的でした。レビューシステムはとても便利なしくみだと思いますが、コミュニケーションがやや息苦しくなる感じがしますので、もっと自然体で使えるシェアリングのやり方ができると面白いなと思いました。

 

コンテスト全体をとおして、本当に面白いワクワクするサービスが沢山飛び出しており、この賞は本当に面白いですし、福岡サイコー!って感じです!(雑ですいません笑) 

 

主催者からの結果発表は以下↓

www.digitalfukuoka.jp

チャレキャラ Slack でも盛り上がりました

チャレキャラ Slack でも実況が行われており、結果速報にはたくさんリアクションがありました。

f:id:ran-tan:20190207143943p:plain


なんと、コンピューター界の巨人アラン・チューリングも祝福に訪れる展開(?)に!

ja.wikipedia.org

 

ということで、改めておめでとうございました!

 

f:id:ran-tan:20190205192907j:plain