チャレキャラ 公式ブログ

チャレキャラ開催の様子などをお伝えしていきます!

チャレキャラ2019、決起集会

チャレキャラ、始動!!

 

5月14日に、

チャレキャラ2019に関わるメンターが集まり、

決起集会を行いました!!

f:id:kosuke-komiya:20190517130418j:plain

 

チャレキャラとは

改めて、チャレキャラについてご紹介しますと、

チャレキャラは、2014年に福岡の地でスタートしました。

 

自分でアプリやウェブサービスを作りたいと考えている

九州在住の学生たちに呼びかけ、

12月のコンテストで作品発表することを目標に、

7月から順次開催される開発イベントに参加することで、

実践的な開発力を身につけてもらいます。

 

 

 

今年で6回目の開催となります!

 

過去にチャレキャラで出会った学生さんも、

いまでは多くの方が、卒業、就職を経て、

社会人として現場で頑張っています。

 

嬉しいことに、

彼らが社会人メンターとして、

学生を支える立場として戻ってきてくれるなど、

とても良い循環が生まれています!!

 

 

私たちメンターは、

ほとんど全員がこの福岡で、

ソフトウェア開発に関わる仕事をしています。

 

自分たちが強くなるためには、

自分たちの「環境」を育てて、強くしていく。

その覚悟で、九州の学生の支援を続けていくつもりです!

 

 

f:id:kosuke-komiya:20190520132119j:plain

 

チャレキャラの輪は、年々すこしずつですが

広がりを見せています。

 

参加学生の数、コンテスト出展数は増加傾向で、

それを支えているメンターさんの輪も広がっています。

今年はなんと、北九州会場も増える予定です!!

 

 

 

決起集会

決起集会では、昨年の内容についての意見交換や、

今年はどんな挑戦をしていきたいのかを話し合いました。

 

全てではありませんが、

いくつかの話題について、掻い摘んでご紹介します。

 

 

強力なメンター陣

一緒にチャレキャラをやってくれるメンターの皆さんは、

それぞれが意志を持って参加してくださっていることを、

改めて、強く思い知りました。

 

強い想いを持つ方や、得意分野を持つ方に、

もっと力を発揮していただいて、

チャレキャラが良い方向に変化していければと思いました。

 

 

指導方法の改善

毎年議論になるのですが、

アプリ開発の初歩知識や、ツールなどについて、

参加する学生たちに、もう少し効果的に指導できないか

という話をしています。

 

チャレキャラは、

学生の成長機会を与える場だと考えています。

 

そのため、まずはやってみて、

結果失敗するというのも、

それはそれで良い経験となるのです。

 

しかし、時間は限られていますから、

しなくてもよい失敗は避けるべきではという議論もあり、

音楽教育でいうところの「バイエル」のような、

初学者向けの学習プロセスを用意するのもありではないか

という話もありました。

 

チャレキャラ完走者を表彰する

チャレキャラは、

約半年間に渡ってアプリ開発を行いますが、

ものづくりは大変なことも多く、

最後のコンテストに残るチームは、

申込者の約1/3くらいまで減ってしまいます。

 

私たちは、

最後に勇気と努力を持って残った学生たちを

「チャレキャラ完走者」として、

特別な想いで見ています。

 

わたしはチャレキャラに2年ほど関わっていますが、

完走した学生さんは、

確かに雰囲気がガラリと変わるのを見てきました。

 

彼らが就活するときに、

チャレキャラの参加経験が、プラスになるような

取り組みについて議論しています。

 

いまのところ、

公式ホームページで、チャレキャラ完走者を

写真と名前付きで公に表彰してみようか、

という話をしています。

 

f:id:kosuke-komiya:20190517130438j:plain

 

今年のチャレキャラは、

まだ準備が始まったばかりという段階ですが、

今年も関わる人が、楽しめる取り組みにしていきたいと思います。

 

関係各位、今年もご協力をお願いできればと思います!